医師転職東京

【必見】東京で医師が有利に転職するのに必須の「簡単!2ステップ」

ご転職を希望される医師のうち、東京都内を第一希望にする方は、全体の40%を超えます。

 

もちろん、東京都内に在住する医師の割合や、東京出身の医師の割合の高さを考えると、東京での勤務を第一希望にする医師が最も多くなるのはむしろ当然です。しかし、全体の40%を超えるともなると、魅力的な都市インフラの便益を享受し、お子様の教育ニーズなどを満たせる環境として、東京を選んでいる医師が多いと言わざるを得ないでしょう。

 

このように、東京での勤務を希望する医師が圧倒的に多いということは、とりもなおさず、東京での医師の転職は、「競争率が高い」ということを意味します。特に、東京の中でも都心部や人気路線沿線付近や文教エリアの近辺での「良い条件」の医療機関に限った転職市場は、世間で言われているほど、医師にとって「売り手市場」ではありません。

 

そこで本稿では、医師がこのような状況下の東京でも有利な転職を成功させるための「2つの必須ステップ」について、考えてみたいと思います。

【ステップ1】何はともあれ「東京の医師の転職市場」を理解せよ!

古今東西、敵の理解なくして勝利を得ることはできません。「得する」か「損するか」は、ズバリ、この理解の差から生まれます。魅力的な職場を有利な条件で勝ち取るには、シッカリと東京の医師の転職市場を理解して、適切に行動することが必要だからです。

 

では具体的に、東京都内の医師の転職市場には、どのような特徴があるのでしょうか。

 

特徴1 東京は、医師にとっての選択肢が、とにかく多い

 

東京には現在、「病院」が約640施設、「クリニック」はなんと12000施設以上あります。これは、全都道府県平均である「病院数180施設」「クリニック数約2000施設」に比べると、圧倒的な数です。つまり、他の道府県での転職を希望する医師に比べて、都内での転職を希望する医師は、選択肢がとても多いということです。

 

選択肢が多いということには、「メリット」と「デメリット」があります。メリットは、文字通り多くの中から転職先を選べる可能性がある点。デメリットは、選択肢が多すぎてそもそも情報にアクセスしきれない点、また、たとえアクセスできたとしても対象が多すぎて比較しきれず、選ぶに選べない状況に陥ることです。このデメリットは、ぜいたくな悩みといえばその通りですが、実際に情報にアクセスできなかったり、できても選びきれないのであれば、実質的には選択肢が乏しいのと何ら変わりがありません。

 

特徴2 東京の医師の転職競争率は、他の道府県に比べ、意外と高い

 

東京都は、人口10万人あたりの医師数は285.4人です。これは全国2位の多さであり、全国平均の219.0人に比べてかなり多いといえます。

 

この背景には、東京都内の医学部数の多さのような基礎的な条件の優位性のみならず、「最先端の医療環境の中で研修したい」「便利な場所で住みたい」「子供の教育環境が整ったところがいい」など、多くの医師のニーズがあると考えられます。

 

特徴1で述べたように、病院やクリニックの数が圧倒的に多い訳ですから、医師の数が少しくらい多くても転職競争率がそんなに上がることはないのではないか?と思われるかもしれませんが、実はここに盲点があります。

 

というのも、医師の転職支援に長年携わっているとよく分かるのですが、東京でのご転職を希望しておられる方も、実は「東京全域を対象に希望」しておられるわけではなく、東京の中でも「都心」「いわゆる人気路線沿線付近」「文教地区付近」にそのご希望が集中します。いうなれば、「へんぴな東京」は希望しておられないわけです。

 

すると、これらの地域では、科目にもよりますが、おおむね「買い手市場」に傾きます。その結果、給与条件等は、地方の医療機関よりも、低くなりがちです。

 

この状況の中で、給与をはじめとする雇用条件がよい一部の医療機関には、応募が集中します。その結果、特徴1で述べたように、形式的には選択肢は多いものの、「行きたい医療機関」は少なく、倍率も高い、という現象が生まれてきます。

 

特徴についてのまとめ

 

もちろん、東京の人気エリアであっても、医師が働き口に困ること自体はまずありません。しかし、選択肢の豊富な東京といえども、その中での「好立地」「好条件」の医療機関までが多いわけではないのです。多くの医師が望むような「好立地」「好条件」の求人案件は、やはり限られており、医師数の多さと相まって、競争率は高くなってしまうのが、東京の医師の転職市場の特徴です。

【ステップ2】東京の医師の転職市場の理解を基に「好立地」「好条件」求人を優先的にGETせよ!

1 最新の「好立地」「好条件」求人情報を手に入れる

 

あなたは、転職活動に際し、求人サイトや求人雑誌で、東京の求人情報を探しましたか?

 

実は、ウェブサイトや求人雑誌で、あなたにドンピシャリの「最新」かつ「好立地」「好条件」な求人を見つけられる確率は決して高くありません。そのような求人案件は、ウェブサイトや求人雑誌に公開される前に、他の医師の手にわたってしまうことがほとんどです。

 

なぜなら、各紹介会社には、自社の持つ最新の優良案件を、できるだけウェブサイトや求人雑誌上に公開せず、クローズド案件として扱いたいという動機が、必ずあるからです。というのも、実は医師の求人サイトや求人雑誌を最もよく見ているのは同業他社であり、ウェブサイト上にとても良い内容の最新求人案件を載せてしまうと、それを見た同業者は、その貴重な求人案件を、自社に登録された医師に紹介し、横取りしてしまう、という現実があるからです。これは、たとえ医療機関名が伏せられた形で掲載されている場合も事情は同じです。同業者であれば、おおまかな求人内容やその医療機関の特徴に関する情報を用い、自社のデータベースと照合して、その求人を出している医療機関を特定することなど、いともたやすいことです。

 

ですから、転職をお考えの医師がなすべきことは、必ずしも最新の「好立地」「好条件」案件が掲載されているとは限らないウェブサイトなどを用いて、自力であれこれ求人情報を検索するのではなく、はじめから、そのような「好立地」「好条件」かつ「最新」のクローズド案件を手に入れられる場所で探すことだ、ということになります。

 

2 交渉相手の動きを常に把握し続ける

 

では、「好立地」「好条件」かつ「最新」のクローズド案件を手に入れられたとして、どのように、その話を進めればよいでしょうか。

 

一般的には、気になる求人案件が見つかったら、応募→面談/見学→双方での採用/就職の意思決定→雇用契約内容の調整→契約→入職の手順を踏みます。

 

しかし、それぞれの段階で、相手方の真意が不明であったり、他の医師と応募がバッティングしていて待ちぼうけを食わされたり、その挙句に断られたり、交渉がうまく行かず、思ったような条件に着地させることができなかったりなど、色々な不都合が起きてきます。

 

このような不都合が生じた場合、それにうまく対処できず、一人で悶々と悩んだり、不利な条件のまま契約をしなければならない状況に陥ることは、ぜひとも避けたいところです。

 

ですから、具体的な話を進める段階では、交渉相手の状況を逐一把握しながら、交渉自体も上手にこなせるようなポジションに自らを置く戦略をとることが、とても大切です。

 

3 では、どうすればいい?

 

それでは、1、2で述べたように、最新の「好立地」「好条件」求人情報を手に入れられ、かつ、その後の具体的な手続きでも相手の動きを逐一把握しながら有利な交渉を進めていけるようなポジションに自らを置くにはどうすればよいのでしょうか。

 

答えは、ズバリ「医師専門の紹介会社に依頼する」で間違いありません。

 

基本的に、医師専門の紹介会社は、医療機関やクリニックの採用担当者と、継続的なコネクションを持っています。しかも、1つや2つのコネクションといったレベルではなく、都内の病院・クリニックの大半とのつながりを維持しています。

 

その上、経験豊富なベテランコンサルタントなら、転職を希望する医師からだされる条件をヒアリングするだけで、好条件のオファーを出してくる可能性の高い病院・クリニックを、かなりの精度で抽出することができます。

 

例えば、「世田谷区内の循環器科で○○症例をつみたいなら○○病院」「東横沿線で皮膚科クリニックの開業の勉強をしながら勤務したいなら◯◯クリニック」「文京区でゆっくり内科の勤務を考えているなら○○病院か○○クリニック」といった具合に、科目やエリアにあわせて好条件の求人が出やすい病院やクリニックをピックアップすることができるのです。そのため、医師専門の紹介会社のベテランコンサルタントに依頼すれば、医師は効率的に優良なクローズド案件にアクセスできるといえる訳です。

 

また、あらかじめ意中の医療機関があるような場合には、ベテランのコンサルタントに、「○○病院で求人がでたら、とりあえず面接には必ず行きたいので、募集があり次第、すぐに教えてほしい」と伝えておくだけで、優先的に求人情報を得られるようになります。

 

さらに、気になる優良案件に出会えた後は、医師の希望を最大限に叶えられるような交渉を展開してもらえます。もちろん、経過報告も逐一はいってくるので、途中で不安になるような事態も最小限に抑えられます。

 

その上、例えば、「このクリニックは開業のための勉強に適しているのだろうか?」とか、「東京都内では、未経験の美容皮膚科医の平均年収はどのぐらいだろう?」とか、「この病院の内科の女性医師の割合はどれくらいだろう?」など、ちょっとした疑問が生じたときにも、コンサルタントに聞くだけで、すぐに解決することができます。疑問をすぐに解決することは、とても大切です。

 

手際の良い医師は、このようなベテランコンサルタントをうまく活用され、毎回、確実に、有利な転職をしておられます。しかし残念ながら、全てのコンサルタントがこのレベルで求人案件の紹介をしてくれるかというと、必ずしもそうではありません。東京都内にも紹介会社はたくさんありますが、水準はまちまちです。くれぐれも、「医師専門」で、かつ、「シッカリとした経験と実績」がある会社を選んで頂きたいところです。

 

幸い、女性医師の求人館を運営する日本サーチ株式会社は「経験豊富なベテランコンサルタントのみで構成する」「医師専門の」紹介会社です。コンサルタントは医師の転職支援のエキスパートばかりですので、東京都内の「好立地」「好条件」の求人案件をお探しの先生は、ぜひ一声おかけいただければ幸いです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
女性医師の求人館TOP 転職支援のお問合せ ご求人担当者さま 記事一覧 会社概要